駐車場事業

駐車・交通・商業分野などのコミュニケーションをさらに深め、
駐車と社会、つまり「クルマと人」とのより良い関係を築き上げることです。

パーキング&コミュニケーションシステムに基づく、長年培ってきた豊富な経験を踏まえたコンサルティングやプランニング・エンジニアリング・経営代行、24時間のアフターサービスなど一貫したサービスを提供。前野商事は、お客様の立場に立って駐車場の管理・運営をお手伝いいたします。

日本信号製の機器は、駐車券・領収書に、ロゴ・イラスト等が印字可能です。

<メリット>ticket
■券面の印字ロゴは自由に設定可能です。
スキャナから読み込んだ画像をもとに、ロゴデータを自由にデザイン・編集をすることができます。
■券の全面に印刷できるので、広告媒体として活用することもできます。
■最大4種類までのロゴデータを、駐車券発行機に登録できます。
■ロゴデータは各々に有効期限を設けることができ、バーゲンや催し物の告知などを、開催日に応じて自動的に切り替えて印字することもできます。
■発券時に機械で印刷することにより、券面のプレ印刷の必要がなく、システム全体の短納期を実現しています。ロール券自体に印刷していない為、他駐車場でもロール券の使用が可能です。

割引き機能

ゲート式駐車場管理システムには次の3種類の料金割引き方式があります。

テナントチェッカー方式
駐車券(磁気式)に商店等(テナント)に設置したテナントチェッカーを用いて割引き情報を追加記録する料金割引き方式です。出場時に駐車券をACT自動料金精算機等に投入するだけで駐車料金は自動的に割引きが適用されます。

サービス券方式
商店等が発行したサービス券(磁気式)の情報に基づいて駐車料金を割引く方式です。出場時に駐車券に続いてサービス券をACT自動料金精算機等に投入すると駐車料金に割引きが適用されます。

客種キー方式
商店等が発行したサービス券の情報に基づいて係員が客種キーを操作して駐車料金を割引く方式です。 客種キーは16種類あり、各キーに時間割引、金額割引、全額割引などの設定が可能です。
この機能を使用できる機器はSCT駐車料金計算機です。

製品紹介

s01_img01 s021_img s02_img
s10_img
s03_img2
s081_img s11_img